ダイエットカロリー計算はある程度”ルーズ”に

ダイエットカロリー計算必勝法】へようこそ。

ダイエットカロリー計算は、厳密には食品一つ一つのカロリーを調査・把握して摂取カロリーの総量を管理しようというモノです。食品の「カロリー早見表」はインターネットサイトやダイエット書籍に掲載されているので、手に入れるのは簡単です。

モデルやトップスポーツ選手などは、体重の増減が直接”成果・成功”の要因となるので、ある程度細かくカロリー計算を実施しているようです。体脂肪率の管理を、ダイエットカロリー計算で行っているわけですね。

ダイエットカロリー計算のメリットは、食事のカロリーを計算して1日に必要なカロリーと実際の摂取カロリーを比較できることです。そして、食品のカロリーを認識することによって、意識的に摂取カロリーを抑制させることもできますよね。

つまり、カロリー計算をすることで必要以上のカロリーを摂らないようになるため「余分な食品」や「高カロリーな食品」を食べないよう注意できるのです。

実際にダイエットカロリー計算を実施するに当たって、「1日のカロリー全部を計算することの大変さ」を実感することになります。ですから、一般の方がダイエットカロリー計算を行うときはある程度”ルーズ”に、そして”重要なポイントだけを押さえる”のが長続きの秘訣です。

「健康で、綺麗に、可愛く」をコンセプトに、ダイエットカロリー計算をご一緒に考えていきましょう。

「ダイエットカロリー計算はある程度”ルーズ”に」

重さとカロリーの関係

ダイエットカロリー計算の基礎知識(1)

ダイエットカロリー計算を行うに当たって、実際に覚えておくことは意外と少ないです。理想としては各食品のカロリーを全て覚えておくと良いのですが、本当に必要なモノだけを目安として知っている程度で良いと思います。一番簡単でお手軽なダイエットカロリー計算は、袋や容器の後ろに書いてある「成分表示表」をチェックすることです。

最近の食品にはたいがい記入されていますので助かりますよ。「1箱100gあたり エネルギー525kcal たんぱく質35グラム」などと書いてありますよね。ですからこれを1箱食べれば525kcal摂取したことになり分かりやすいです。こういったちょっとしてことで、自分の摂取カロリーをある程度把握できるのです。

しかし、どうしても厳密にダイエットカロリー計算を行いたい人は、食品のカロリー早見表を入手してください。各種食材や飲料物、調味料に至るまでカロリーが出ています。カロリー早見表の良いところは、食品の「重さ」を基準にしているところです。食べ物や材料の重さとカロリーの関係を身に付けるのに最適なのです。はかりを用意しておき、ご飯をよそったら重さを量ってみて「○○gだから□□kcal摂取です」とわかります。自分の普段摂取している食べ物の「重さ」と「カロリー」がわかれば、ダイエットカロリー計算は簡単です。

「重さとカロリーの関係」
ダイエットカロリー計算の基礎知識(1)

「標準体重」と「BMI(肥満判定)」の数値

ダイエットカロリー計算の基礎知識(2)

ダイエットカロリー計算を効果的に行うために、「標準体重」と「BMI(肥満判定)」を最初に行ってください。この二つはダイエットカロリー計算の基礎的な部分になります。しかし、問題もあるのです。実は「標準体重」も「BMI(肥満判定)」も個人差がけっこう現れます。特に標準体重は、体型や性別、人種などの条件に左右されるので、ここでは「標準体重の計算式」を4種類用意しました。ダイエットカロリー計算を実施するに当たって”戦略”を練るのに必要な数値です。最適な公式を選んでくださいね。

【広く世界的に採用されている標準的な算出方法です】
「標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22」

【学童期の子ども用の公式です】
「標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×身長(m)×13」

【日本国内で簡易的に用いられてきた算出方法です】
「標準体重(kg)=(身長(cm)−100)×0.9」

【男性、もしくは身長の高い女性用の算出方法です】
「標準体重(kg)=身長(cm)−110」

上記の式で標準体重を求めると「痩せ気味の診断結果」が出ることから、「標準体重は太めに作られている」と思いこんでいる人がいますが、標準体重は医学上で生命を維持するために最も適切である体重・健康的に生活するために最適とされる体重と定義されていますのでこれが標準です。つまり、標準体重は健康で長生きできるだろうと思われる体重なのです。ですから、一般的な美しいプロモーションであるといわれる体重(美容体重)とは別のものになのです。

次に、肥満判定の国際基準であるBMIです。BMI(ボディ・マス・インデックス)とは肥満判定の国際基準で、統計的に一番病気にかかりにくい体型といわれています。逆にいうと、標準から離れるほど有病率が高くなるともいうことです。
BMIは「BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」で求めます。
判定は、BMIが18.5以下の方は痩せすぎ・18.5〜25.0の方は健康的・25.0以上の方は肥満体型です。

「「標準体重」と「BMI(肥満判定)」の数値」
ダイエットカロリー計算の基礎知識(2)

最適トレーニングを教えてくれる

ダイエットカロリー計算を自動でやってくれるうれしい携帯型ツールが登場です。その名は「SHAPE UP ADVISER(シェイプアップアドバイザー)」(バンダイ)です。

このダイエットカロリー計算の新兵器の本体は、手のひらに乗るくらいのサイズです。今いる場所や鍛えたい部位を指定すると、液晶画面に登場するかわいいキャラクターが状況や目的に応じた最適トレーニングを教えてくれるのです。これは画期的ですね。


「シェイプアップアドバイザー」は、5種類のモードでダイエットカロリー計算をサポートしてくれます。
■フィットネスモード
電車の中や会社のように周りに人がいる場所、家でしっかりトレーニングしたい時など、場所や目的別の効果的なエクササイズを表示します。
■カロリーチェックモード
食べたものと食べた量を選べば、1日の摂取カロリーを自動計算して記録してくれます。
■ヘルプモード
ダイエット中の人には、空腹感を紛らわせたり、イライラ気分を解消するためのユニークなアドバイスがあり、時々かわいいキャラクターが登場して応援します。
■サイズチェックモード
付属のメジャーで気になる部位のサイズを計って入力すると、グラフが表示できる機能です。
■達成度モード
1日の達成度とダイエットの進展状況を確認できる画面もあります。
ダイエットカロリー計算のお供に、力強い味方ですね。

「最適トレーニングを教えてくれる」
ダイエットカロリー計算の新兵器

摂取カロリー>消費カロリーの図式

ダイエットカロリー計算のコツ(1)

ダイエットカロリー計算によるダイエットを、もう少し掘り下げて考えてみましょうね。ダイエットカロリー計算は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスをとるダイエット方法です。このダイエットカロリー計算の考え方は、ダイエットの基本中の基本です。

多くのダイエット法に見られる食事のコントロールによるダイエットには、食事制限を行なう方法が一般的です。食事のコントロールによるダイエットを行なう場合の問題点は、栄養が偏りやすく健康を害してしまうケースが非常に多いという点です。この点には、十分に注意が必要です。

脂肪過多による肥満は、簡単にいえば「摂取カロリー>消費カロリー」の図式で生じる現象なのです。ですから、(1)自分の身体に適切な必要カロリーをまず知る。(2)現状の摂取しているカロリーを計算する(3)運動や生活で消費しているカロリーを計算する。これらダイエットカロリー計算の数字を基にダイエットをしていくのが効果的ということが分かりますよね。ですから、確実で効率的なダイエットを行なうためには、目標体重にあわせて1日に摂取するカロリー量をダイエットカロリー計算して、計画的にダイエットを進めていくことが大切なのです。

「摂取カロリー>消費カロリーの図式」
ダイエットカロリー計算のコツ(1)

必要な栄養素と最低カロリー

ダイエットカロリー計算のコツ(2)

ダイエットカロリー計算を実施している人の中に、「明らかに無理なダイエット」を続けている人がいます。ダイエットカロリー計算は、几帳面さと自己管理能力を要しますので、ダイエットカロリー計算をきっちり行っている人は「几帳面すぎる傾向」があるようです。

カロリー摂取を抑えるあまり必要な筋肉量が減り、見た目は細い体なのに脂肪率が極端に高いといった状態なのです。また、骨も弱まっていき、加齢とともに骨が細ったり折れたりする骨粗しょう症という病気に苦しむことにもなります。これは、本来のダイエットカロリー計算の意図するところではありません。

ダイエットカロリー計算は「健康で、綺麗に、可愛く」がコンセプトです。カロリー計算してダイエットしても、必要な栄養素と最低カロリーは確実に摂取してくださいね。おおまかな計算ですが、ダイエットカロリー計算で1日500キロカロリー食べる量を減らせば1週間(7日)で453グラム減量できます。つまり、2週間で約1キログラムも減量できるのです。健康を害すような、無理なダイエットカロリー計算によるダイエットは必要ないのです。

「必要な栄養素と最低カロリー」
ダイエットカロリー計算のコツ(2)

納豆ダイエットの効果

ダイエットカロリー計算のコツ(3)

ダイエットカロリー計算の強い味方が「納豆」です。「納豆ダイエット」というと「TVあ○あ○大事典」のねつ造で微妙なイメージがありますが、実際に納豆のダイエット効果は認められています。
ダイエットカロリー計算で行き詰まってしまったときには納豆で決まりです。

それでは、納豆がカロリー計算ダイエットに効果的な理由を見ていきましょうか。
納豆は、なんといっても低カロリー(1パック=100kcal)が魅力です。低糖・低脂肪・良質なタンパク質含有・食物繊維・栄養吸収力を高めるビタミンB2が豊富と、食品としての魅力が満点です。
また、豆は水分を吸収しやすいので胃の中で膨張し、適量でも満腹感を得ることができます。その他にも、納豆にはビタミンB2が豊富に含まれていて、少ない量(カロリー)でも栄養吸収率がアップするのです。

納豆が苦手で、食べるのが大変なら納豆キナーゼだけでも取りたいところです。納豆キナーゼとは、納豆菌がつくる酵素の名前です。
納豆キナーゼを濃縮したサプリメントなら、納豆独特の臭いも味も粘りありません。

ダイエットカロリー計算の救世主、納豆の効力を使って健康なダイエットを目指しましょう。

「納豆ダイエットの効果」
ダイエットカロリー計算のコツ(3)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。